FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1本の長いひも(ヌクレオチド)は...

DNAの複製生命の仕組みは、何によって決定されているのでしょう?カラダを動かす筋肉や、カラダを覆う皮層や爪、髪の毛にいたるすべてのものは、タンパクで構成されています。
骨や脂肪はタンパクではありませんが、これらをつくったり調節したりする酵素は、やはりタンパクです。
その意味では、生命を調節するのはすべてタンパクを通して行われているといえます。
ミネラルや鉄などの無機質も大切ですが、それらが活躍する場は、やはりタンパクで決定されています。
遺伝子は、タンパクの構成成分であるアミノ酸をつくるべきかを決定・実行することで、円滑な生命現象の維持に努めています。
DNAや遺伝子は、設計図にたとえられます。
どんな設計図になるのかのカギを握っているのは、アミノ酸のつくり方にあるといえます。
遺伝子は、自分とそっくりなコピーをつくることで、設計図どおりのアミノ酸をつくったり(発現)、細胞分裂の際に複製をつくったりします。
複製をつくるカギは、4つの塩基の結合相手がそれぞれ決まっていることにあります。
まず2本の鎖が分かれて1本ずつとなり、塩基は新たな相手を見つけて結合します。
相手が決まっているので、「相補的」といいます。
1本の長いひも(ヌクレオチド)は、それぞれ相補的な相手の塩基を見つけて結合しますから、まったく同じ2本の鎖のDNAが複製されることになります。
片方が鋳型になって相補的な塩基とだけ結合するために、間違いなく複製されることになります。



看護師 求人 名古屋
看護師 再就職

(3)疲弊期→ストレスが長引き、...

さてセリエによれば、ストレス症候群は次のような3つの局面をもっています。
(1)警告反応期→ショックによって抵抗力が低下し、ついでショックに対する防衛反応が起こる。
(2)抵抗期→抵抗力が高まった状態。
(3)疲弊期→ストレスが長引き、防衛機構が働かなくなって抵抗力が急激に低下する。
ストレスによって、生物はむしろ抵抗力が強くなります。
例えば、冷気に馴らしたラットは馴れていないラットに比べて、より寒気中で元気でいられます。
しかし、そうした抵抗力の高い期間にも限りがあり、やがて抵抗力が低下し、時には死に至ることになるのです。



看護師 求人 札幌
正看護師 求人

医学的に万事尽くしても、どうして...

アメリカでは、以前は新生児は母親から引き離していました。
それが近年は母子の接触をきわめて重視するようになりました。
それは幼児の正常な発達のためには、大量の身体接触が不可欠であることが医学界でわかってきたからです。
そのきっかけとなったのは次のようなことでした(ちょっと長くなりますが、すぐれた入門書であるマジョリー、F・ヴアーガスの「非言語コミュニケーション」(新潮選書)からそのまま引用させてもらいましょう)。
1920年頃までは、設備の整った衛生的な孤児院で食事を十分与えられても、種患零歳児の死亡率は、実に100パーセントに近かった。
この死亡原因は説明がつかぬままに、ギリシャ語の「消耗衰弱する」という意味の言葉から「衰弱症(アラズムス)」と呼ばれた。
そしてボストンのフリッツ・タルボット博士が、ドイツの小児科病院を訪れ、そこで-人の肥ったおばあさんが、赤ちゃんを自分の腰に乗せるようにして運んでいるのを目撃するまでは、この状態は改善に向かわなかったのである。
博士が「あのおばあさんは何者ですか」と尋ねると、院長のアルツール・シュロスマン博士はこう答えたのだ。
「ああ、あれはアンナばあちゃんですよ。
医学的に万事尽くしても、どうしてもおもわしくない時には、赤ちゃんをアンナに預けるのです。
そうするとかならず快くなるのです」と。
1920年代の終わり頃までに、アメリカのいくつかの病院の小児科では、入院中の乳幼児のため「母親看護制度」を導入した。
入院児たちは母親による授乳の必要の有無に関わらず、一日に数時間は母親の待機している部屋に連れてこられた。
J・ブレンネン博士は、かつて権患収容児の死亡率が100パーセントに近かった孤児院に勤めたことのある医師だが、自分の病院では、赤ちゃんはすべて一日に数回は抱き上げ、抱いたままであちこち動きまわり、そして授乳しなければならないと宣言した。
ニューヨークのベルビュー病院では、1930年代半ばに小児科病棟に母親看護制度を導入して以来、55パーセントだった乳幼児死亡率が10パーセント以下にまで下がったのである。
「衰弱症」の治療法はほかならぬTLC(やさしい、愛情のこもった世話tender loving care)だったのだ。



看護師 求人 千葉
看護師 派遣

幼少児期に卒業すべきだった心理的...

ペプロウは言います。
「病気というものは過去の経験に発しているが看護婦の患者に対する関係の中で現在再現されている感情を伴って経験される出来事なのであるから、看護婦一患者関係は看護婦にとって患者が幼少児期に卒業しえなかった心理的課題を完結するように援助する好機であると考えられる」。
まさに患者は過去において十分に成長できなかった段階の人間関係を「転移」するわけです。
そして看護婦一患者関係において、患者はもう一度心理的発達をやり直すわけです。
幼少児期に卒業すべきだった心理的課題とは、ペプロウによれば(1)他人を頼りにすることの学習、(2)欲求充足を延期することの学習、(3)自己を確認すること、(4)参加の技術を育てること、の4つです。
これらの心理課題は(1)が0~1歳の乳児の段階、(2)と(3)が1~6歳の幼児の段階、(4)が~14歳の学童・青年の段階で、本来果たすべきものだと、ペプロウがみなしていたことがわかります。
サリヴァンは、患者を物のように距離をとって客観的に観察するのでなく、患者へと係わっていくことで、そこで患者がつくろうとする人間関係から、患者の過去の問題のあった人間関係を明らかにしていこうとしました。
ペプロウも看護研究の方法として、この「関与しながらの観察」を含ませているのはその影響です。
ここには現在の数量的研究とは違う質的研究のあり方が示唆されていると言うべきでしょう。


看護師 求人 千葉
看護師 転職 サイト
プロフィール

ゆかりんたん

Author:ゆかりんたん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。